• 手術前に知っておくべき内容

    • 乳房縮小
    • 手術前に知っておくべき内容
  • 乳房縮小手術は、他のいかなる手術よりも難易度が高く、能力と経験が問われる手術です。
    患者個人の乳房の構造に対する正確な理解と、これによる正確な手術方法の選択は、患者には満足できる結果と、オプティマ整形外科にはやりがいと自負心をもたらします。
    個々人によって体格や胸郭の構造、そしてバストのサイズが異なるため、特定の手術法にこだわると満足できる結果は得られません。
    バストのサイズと形、乳輪の位置と乳房の下垂の状態などにより、様々な手術法が適用されます。
    真の実力とは、その人のためだけの手術が行われるときに発揮されるのです。
  • 大きすぎるバストによる悩みは、実際に経験したことがなければ分かりません。
  • 体格に比べて大きすぎたり下垂したバストをお持ちの女性は、様々な医学的問題で悩まされています。一般的に、脊椎に過度の重圧がかかることによる頭痛や首、腰の痛み、そして脊髄の歪みなどの形態の変化、嗜好の問題、湿疹や着色などの問題があり、肩にはブラジャーの紐の跡が窪みとなって残ったりもします。何よりも体型に対するコンプレックスが深まり、バストの小さい人よりもはるかに深刻な問題となります。欧米では600~1,000gm以上の巨大バストの場合、保険が適用される疾病として分類されているほどです。
    バストが大きい人々は、下垂したバストを恥じて包帯を巻いてみたり、わざときつい下着を二重に着用しても、動く度に胸が気になって敏感になり、消極的で非活動的な人になりがちです。また、服もゆったりしたシャツやTシャツばかりを着るようになり、さらに太ってしまうという悪循環が続くようになります。
    ますます欧米化される食生活と体型の変化で、巨大バスト(片方が400gm以上)を持つ女性は大きく増加する傾向にあります。このような現象は、下着会社の最近の販売状況からも明らかになっています。

  • より小さく、より弾力のある、より美しいバストに
  • 乳房縮小手術とは、脂肪と乳腺組織、そして余った皮膚を除去することで、より小さくて軽く、弾力のあるバストを作る手術です。乳房を縮小する方法として、脂肪吸入術が適用されたり、乳輪のサイズを小さくする手術も同時に受けることができるため、本人の体型にマッチした、小さくてより美しいバストを作ることができます。
    巨大バストによって日常生活や職場での生活などの活動が制限されたり、身体的な不自由さ(頭痛、脊髄の変形に伴う痛み、湿疹、着色など)で悩まされる女性には乳房縮小手術が必要です。しかし、乳腺組織が完全に成熟した後に手術を受けることが重要でありため、手術を受ける本人が手術の必要性を切実に感じ、手術後の結果に対しても現実的に判断できるようになってから施術する必要があります。そのため、一般的には満20歳以上の成人を対象に施術することが推奨されています。
    乳房縮小手術は、豊富な経験を持つ医療陣による施術を受けることが重要です。
    乳房縮小手術は、簡単な手術ではなく、非常に難易度の高い手術であるため、十分な経験と資格を持った医師を探す必要があります。実力を備えた医師と共に、正確な計画と準備のもとで、患者それぞれの状態に適合した手術を受けるならば、安全で満足できる手術結果を期待することができます。
    巨大バストの縮小で、目立たない小さな傷は残るとしても、体型変化による満足と、身体的な苦痛から解放された喜びは、ご本人のみならず、医師にとっても大きなやりがいを感じさせてくれます。

  • 乳房縮小手術に伴う副作用 - 事前に知っておくべきこと
  • いかなる手術も、常にある程度の危険を伴っていると言えます。乳房縮小手術もまた、炎症、血腫、麻酔に対する反応など、一般的な副作用の可能性があります。しかし、適切な手術前の準備とアフターケアで、これらのリスクを減らすことができます。
    上記のような副作用よりも、逆に手術による傷と乳輪の血管障害がより大きな問題になることもあります。しかし最近では、乳輪外周を手術したり垂直切開法を適用することで、過去のようにT字形の大きな傷跡を残すことなく手術することが可能になったため、乳房縮小によってバストに大きな傷を残すことは非常に少なくなっています。

  • 乳輪外周法と垂直切開法の適用で、副作用を大幅に減らします。
  • 手術法は患者の状態によって決定されるため、フランスのDr.Benelliによって広く知られるようになった乳輪外周法や、ベルギーのDr.Lejourによる垂直切開法などの豊富な経験を持ち、熟練した医師を選択することが非常に重要です。
    また、乳腺組織を過剰に除去すると、乳輪組織の血管供給に障害をもたらすこともありますが、これもまた綿密に計画された手術で起ることは稀であり、やむを得ず発生した場合は、皮膚の移植などで元の状態に復元することができます。その他にも、喫煙者の場合、壊死のリスクが非常に高くなるため注意が必要であり、授乳や感覚の変化などについて、手術前に十分に相談してから手術方法を決定しなければなりません。