• 乳頭および乳輪縮小の再手術

    • 乳房の再手術
    • 乳頭および乳輪縮小の再手術
  • 乳頭縮小の再手術
  • 非対称の乳頭は先天的な原因によることもありますが、継続的な妊娠や授乳によって乳頭が刺激されたり、損傷によって発生する可能性があります。乳頭の非対称は、手術で組織を除去して矯正することができ、乳輪組織の特性上、術跡が大きな問題にはなりません。

    韓国女性の正常的な乳輪の平均直径は3.5~4.5cmであり、乳頭の平均の直径は1~1.5cmです。乳頭縮小手術では乳頭のサイズを小さくし、バランスの取れた形を作ります。乳頭を小さく適当なサイズにする手術は、比較的簡単で術跡もほとんと残らないので、矯正しやすい症状だと言えます。

    乳頭の縮小は、手術後の再発の可能性、授乳の問題、術跡について事前に詳しい説明をお聞きください。特に未婚の女性の場合は、授乳が可能な手術法を選択することが必要となります。

    手術の方法は、乳頭の形態によって乳頭の高さだけを低くしたり、乳頭そのもののサイズが大きい場合は、乳頭の一部を除去し、適切なサイズに矯正します。

  • 乳輪縮小の再手術
  • 先天的に乳頭と乳輪のバランスが不均衡な場合もありますが、妊娠と授乳を経てバランスが崩れるようになることが多いです。乳頭に比べて乳輪が小さすぎたり大きすぎたりする場合、バランスのとれた美しさは期待できず、コンプレックスとなることもあります。

    乳輪も乳頭と同じく小さすぎたり、大きければ、それを伸ばしたり、縮める手術として、その悩みを解決することができます。乳輪を縮める場合にも過剰に乳輪を切除し、乳輪が小さすぎる場合は、皮膚の移植や、タトゥー技法が適用できますが、タトゥー技法は正確な色の選択が難しく、色が最初は合っていても、後々変色する可能性もあるため、専門医とご相談の上、施術を決定してください。