• 陥没乳頭の再手術

    • 乳房の再手術
    • 陥没乳頭の再手術
  • 陥没乳頭手術の場合、過去には乳腺をすべて切断する方法で手術が行われたため、長い傷が残り、乳腺管を損傷さるため、手術後の授乳が不可能でしたが、オプティマ整形外科では「最小切開の乳腺保存法」で乳輪組織を利用した被板を活用することで乳腺管を損傷させないため、傷が目立たなく、授乳ができるという長所があります。
  • 傷が大きく、目立つ時には傷除去手術を考えられます。
    陥没乳頭の再発は陥没の程度がひどい程、確率が上がる可能性があるが、再発した時でも最初切開法で再手術ができるため心配する必要は要りません。手術直後一時的に乳頭と乳房の感覚が鈍るように感じられることもありますが、徐々に感覚が戻るので心配はご無用です。
  • Quick&SAFE - 早く、安全に! オプティマの陥没乳頭手術最小切開の乳腺保存法
  • 美の中心がボリューム感のある乳房であれば、そのクライマックスを飾るのは尖端の乳頭
    自己に対するマイナスイメージの改善、衛生上の問題、そして正しい授乳のためには、陥没乳頭手術は必ず必要と言えます。オプティマ整形外科の「最小切開の乳腺保存法」ならば、局所麻酔により短時間の手術で乳腺組織を保存することができるため、授乳に影響を与えません。

    短時間での手術が可能で、ランチタイムを利用して手術を受け、すぐに業務に復帰できるほど、日常生活に支障を与えず、素晴らしい効果が期待できます。手術後1週間後には、夫婦生活も可能です。