• 安全システム

    • オプティマの約束
    • 安全システム

安全システム

  • 患者1人につき、麻酔科の専門医1名による “専担管理システム”
  • 1. 手術前の総合検診を通して、患者の健康状態をあらかじめチェック
  • 2. 高級麻酔剤を使用 (肝機能障害および手術後の回復力アップ)
  • 3. 手術中の酸素飽和度、二酸化炭素濃度および心血管の状況などを継続してモニタリング
  • 4. 患者の意識が戻って回復する全ての過程を、麻酔専門医が直接担当して管理
  • マルチタスク麻酔システム

  • - 麻酔の深さを安定的に維持するVentilator
  • - 静脈麻酔の際、麻酔の深度を0.1ml単位に至るまで正確に調整することが可能な、日本 TERUMO社の麻酔薬剤 pumpシステム
  • - 患者の血圧、酸素、心電図の形だけではなく、二酸化炭素の状態までモニターとプリントが可能なマルチタスク患者監視システム
  • - 眠っている間、すべてを監視して守ってくれます。
  • Defibrillator Cardiclife
    (自動体外式除細動器)

  • 手術に際して麻酔を施行する場合、もっともリスクの高い状況である心肺異常時に備えた万全の装備。10万分の1の危険性にまで対応できる装置であり、一般の病院ではめったに見られません。

安全麻酔専門医

  • 麻酔課課長
  • チョン・アリ

  • - オプティマ整形外科
  • - 前、オサンダン病院麻酔課長
  • - 梨花女子大学木洞病院麻酔課
  • - 梨花女子大学卒業 / 麻酔課修練医
  • - 大韓麻酔痛症医学科学会正会
麻酔専門医が常駐し、手術前の準備と手術の全過程、そして麻酔後の回復までサポートします。

感染安全システム

  • 病院感染の予防のための“殺菌消毒システム”
  • - 医療陣による徹底した衛生管理および殺菌消毒システム - 手術の度に安心チェック
  • - ‘高機能な専門使い捨てオイフ’により、患者-医療陣間、患者-患者間の感染から保護
  • - EOガス消毒と、高圧蒸気滅菌器によるパーフェクトな滅菌システム
  • - 手術室は、整形外科の専門医、麻酔科の専門医、手術室看護師などの専門家のみで責任構成
  • EOガス消毒器

  • - Ethylene Oxide Gasの毒性を利用して、ウィルスやその他の微生物を死滅させる化学的な消毒方法
  • - 高価な手術装備がその機能を失わないようにする低温ガス消毒装備であり、従来の消毒器(autoclave)では行き届かなかった部分まで滅菌消毒をすることで、手術による感染を最小化

  • 高圧蒸気滅菌器

  • - 自己診断システムの採用により、作動前に機能の異常の有無を確認
  • - 迅速な滅菌時間と、自動温度調節システムによるパーフェクトな滅菌を実現
  • - DeltaClave Seriesだけの完璧な乾燥システム
  • - 安全バルブ、加熱防止センサーなどの安全を最優先とした設計

  • 高機能な専門使い捨てオイフ

  • - 再生しない手術オイフを、ただ一人の患者のために使用します。
  • - 米国の医療市場シェア1位の細菌ブロックEvolution4不織布製造技術を活用した、ユハンキンバリーの高機能専門消毒布で、感染の危険から患者や医療スタッフを守ります。
  • - 繰り返し使用するリネンや、競合会社の生地に比べて、血液や液体の防御力が高く、ダスト発生が極めて少なく、細菌の移動を阻んで手術部位への感染予防に効果的を発揮します。それだけではなく、火が燃え移らない優れた難燃性を有しており、手術室火災の予防にも優れた製品です。

  • キンバリー手術オイフの革新的な生地の技術

  • - 両面の外側は、Spunbond層で強度を維持し、服の生地のような親しみを提供します。
  • - 中間のMeltblown層は、バクテリアの通過を防ぎます。