• 安全な整形の原則

    • オプティマの約束
    • 安全な整形の原則
 

麻酔科の専門医の常駐および
1:1の責任専担麻酔

  • 麻酔専門医が常駐しており、手術前の準備、手術中、手術後の回復過程まで、手術の全過程を専担し、患者の安全を守ります。

最新の安全麻酔装備を使用

  • 大学病院クラスの麻酔機器と、最小毒性の麻酔剤であるセボフルレン(Sevoflurane)を使用して、迅速な回復と安全な手術をサポートします。また、応急処置システムを備え、緊急事態に徹底して備えています。

検証されたカスタム・インプラント

  • 米国FDA、欧州CE認証を取得したMentor社とAllergan社のインプラントのみを使用し、製品のライセンス認証カードを発行します。

最適化された手術管理システム

  • 安全な手術のために、手術前に総合健康診断を実施し、内視鏡映像システムを完備することで、手術の安全性を高めます。

専門の回復管理
システム

  • 手術前の相談から手術の過程、そして手術後も、定期的なフォローと長期的で綿密な術後管理を進めます。外来担当の看護師と手術後にエステでのバストケアで、迅速な回復をサポートしています。