• 陥没乳頭

    • 陥没及び乳頭整形
    • 陥没乳頭

Quick&SAFE - 早く、安全にオプティマの陥没乳頭手術

  • 最小切開の乳腺保存法
  • 美の中心がボリューム感のある乳房であれば、そのクライマックスを飾るのは尖端の乳頭。

    自己に対するマイナスイメージの改善、衛生上の問題、そして正しい授乳のためには、陥没乳頭手術は必ず必要と言えます。オプティマ整形外科の「最小切開の乳腺保存法」ならば、局所麻酔により短時間の手術で乳腺組織を保存することができるため、授乳に影響を与えません。
    短時間での手術が可能で、ランチタイムを利用して手術を受け、すぐに業務に復帰できるほど、日常生活に支障を与えず、素晴らしい効果が期待できます。手術後1週間後には、夫婦生活も可能です。

  • 陥没乳頭は外見上、衛生上、授乳上にも問題があります。
  • 韓国女性の約3%が、乳頭が乳房に埋まっている陥没乳頭であると言われています。
    乳頭が乳房の内側に隠れている'陥没乳頭'は、外見上の美しさを損なうと同時に、衛生上の問題が発生する可能性もあり、授乳に障害を与える疾病であると言えます。
    まれに、生れた時に親が対処してくれなかったために陥没乳頭になったと思われる方もいますが、これはほとんどの場合、先天的、遺伝的な要因によって決定されます。逆に乳幼児期に乳頭に強い刺激を与えることは、乳腺組織を損傷させ、乳腺を破壊することにもなりかねないので、このような行為はお控えください。

  • 陥没乳頭の手術は結婚前に
  • 陥没乳頭は日常生活には差し支えがありませんが、否定的なself-image(自己イメージ)から生じる劣等感や、分泌物による不快な臭いや性的な不感症の原因になるなど、機能的、精神的に問題となる可能性があります。意外と女性は自分の症状について知らず、はじめて授乳する時に陥没乳頭であった場合、大きくなったお乳を赤ちゃんに吸わせることができず、乳房が腫れたり悪寒を感じることもあり、乳腺炎など深刻な問題が起こった後に気付くこともしばしばです。最近ではこのような陥没乳頭は結婚前に矯正しようとする傾向にあります。