• 下瞼整形専門病院の必要

    • 目の整形
    • 下瞼整形
    • 下瞼整形専門病院の必要
格別のプライドを持っています。下瞼整形の独歩的な病院! ワンランク上の手術!
  • 韓国内外の数多くの学術大会、招請講演及びExcellence Speaker Award賞を受賞したオプティマ整形外科 イ・アンナ院長
  • 一時的な効果ではなく、老化遅延までも可能にする手術です。
    歳を隠す整形ではなく、歳を克服する整形です。
  • 結膜を通した目下の脂肪再配置手術を始めた病院(2000年)-アジア初
  • 外部に針の跡も残さず、エギョサル(笑うと現れる目の下のふくらみ。涙袋)を損なうこともない経結膜手術は、目の下の脂肪を捨てることなく、全て再配置する手術です。迅速な回復が可能であり、目の周囲の筋肉機能を保存することで、表情を保ちながら老化を遅らせることのできる画期的な手術です。
    2000年の春からアジアで初めて、オプティマで始まったこの手術は、専門医の間でもあまりにも難易度が高いという偏見のため、誰もが始めることを躊躇していました。
    しかし、イ・アンナ院長は、多くの学術活動を通し、大勢の専門医の先生方に心を尽して技術を伝授することで、現在では多くの国民が、次元の高い下瞼手術を安全に受けることが出来るようになりました。
  • 神経を保存する躍動的下眼瞼成形手術を始めた病院(2000年)-世界初
  • 目の表情を損なうことなく、目の周囲の筋肉機能を好転させる手術、エギョサルを異物ではなく、自分の筋肉で復元する手術、誰もが不可能だと言った手術を、オプティマが始めました。
    世界で初めて10年の臨床結果をワシントンDCで開かれた米国整形外科学会で発表(2009)し、また、多くの国内外の学術活動を通して教育することにより、顔の表情と下眼瞼の状態の分析、神経と筋肉を生かすことが、 現在では下眼瞼整形のスタンダードとなりました。
    下眼瞼手術は、切開して引っ張ることで表情が損なわれるのは避けられないとする従来の考え方と対立し、このような成果を成し遂げました。
    このような経過を経て、目下整形を整形のメイン部門に位置づけました。
  • オプティマ整形外科の下瞼整形は、下まぶたの全般的な内部構造を若返らせ、将来的な老化の進度を遅らせて、機能的にも回復させるものです。
    このような過程は豊富な手術と経験により実現されるものであり、手術の安全性にも自信を持ってお勧めできます。
  • 下瞼の脂肪や皮膚、筋肉の状態について正確に把握してから、手術方法を決定します。
    状態に応じて適切に手術の方法を決定することで手術の効果が保証され、下瞼の構造を理解した上で脂肪移植を施術するならば、下瞼の改善のみならず、顔が若く明るい印象に変えることができます。脂肪移植、どれも同じではありません! これがオプティマの下瞼手術が特別な理由です!
  • また、 結膜を通じた脂肪移動術を最初に考案したDr. Del la Plazaと供に研究し、10年前から施術してきた豊富な経験は、韓国ではもちろん、アジアでも先例がないことです。